オーティコンについて

ウィリアム・デマント・ホールディング・グループ会社(WDH)について

オーティコン株式会社およびオーティコン社(本社:デンマーク)は、補聴器・聴覚検査機器の分野のリーディングカンパニーである、ウィリアム・デマント・ホールディング・グループ会社(WDH)のグループ企業です。

ウィリアム・デマント・ホールディング・グループ会社 ※英語サイト

ウィリアム・デマント・ホールディング・グループ会社(WDH)の企業責任

企業統治

ウィリアム・デマント・ホールディングの取締役会と経営陣は、企業統治を継続的に考えており、会社定款または経営上のプロセスの改定が必要であるか否かについて、定期的に評価しています。

  • 責任の所在が明確で効率的な経営構造を維持します。
  • グループの戦略、目的およびリスクに関して、率直、透明、公平かつタイムリーな方法により、株式市場とのコミュニケーションを図ります。
  • 我々の事業と関連する重大なリスクを監視、管理、緩和する目的で、適切な内部統制制度を維持します。

人々と社会

グループは、雇用創出、経済成長、納税および人々のクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献する製品のマーケティングを通じて、事業を営む社会に積極的な貢献を行っています。WDHは、世界人権宣言と労働における基本的原則および権利に関するILO宣言を支持します。

  • 敬意と尊厳をもって従業員を扱い、多様性を推奨し、公平な対応を保証します。
  • 強制労働または児童労働を使用せず、その使用を禁止します。
  • 従業員がそれぞれの能力を十分に発揮し、自発性が推奨されるような、安全で健康的な職場環境を提供します。
  • 従業員の結社の自由および団体交渉の権利を認めます。
  • 関わり合いや率直な交流を通じて、隣人や周囲の社会との良好な関係を維持する努力をします。

環境保護

WDHの環境フットプリントは比較的小さいものではありますが、グループは、その事業活動が環境に与える影響を監視し削減することによって、次世代のために環境を保護するよう努力します。

  • 材料を効率的に使用し、包装や廃棄物処理を最適化するよう努力します。
  • 製品およびプロセスにおける危険物質の使用を制限します。
  • 気候に与える影響を監視し、エネルギー消費削減を目指します。

企業統治

WDHは、競争市場においては、健全な企業倫理を基盤にしなければ、グループの事業の繁栄はあり得ないとの信念を持っており、グループでは国連腐敗防止条約の遵守が実行されております。グループの活動のほとんどは、「リレーションシップ・ビジネス」として特徴付けることができ、聴覚医療専門家(例えばオーディオロジスト、補聴器販売業者、耳鼻咽喉科医およびクリニック開業者など)との相談、訓練および接待など、クライアントとの密接なやりとりが関与してくる場合が多くなっています。

  • 我々は、事業を営む各国の法令を遵守することを確約しています。適切な法令がない場合には、一般に認められている国際的な基準および業界の水準を参考にします。
  • 我々は、直接的な、また事業パートナーを通じての間接的な賄賂およびその他の形式の腐敗行為に立ち向かい、また便宜供与確保のための支払いを防止するよう努力します。
  • 我々の製品のユーザーの利益に資することが第一の目標です。したがって、エンドユーザーの不利益になるような、事業上の意思決定に影響を及ぼす可能性がある行為を防止します。