サポート

個別化プロセス

個別化のパワーを解き放つ

ユーマティックが実現する個別化フィッティング

個々の聞こえに合わせる

人にはさまざまな個性があるように、人の聞こえも千差万別です。ユーザーは自身の聞こえにあった、自分だけの補聴器を探し求めています。だからこそオーティコンは、一人ひとりのユーザーに合わせた聞こえを提供する必要があると考えています。ユーザーの期待に応えて、満足感を引き出す鍵として導き出されたのが個別化されたフィッティングです

そして、フィッティングの個別化を支える核となる機能が「ユーマティック」です。「ユーマティック」は、ユーザー一人ひとりが、一日を通じて、ずっと聞こえに満足していただくことを目標に開発されたオーティコン独自の機能です。

「ユーマティック」が統制するのは、各機能の反応時間やレベル、コンプレッションスピード、指向性モード、ノイズマネージメント、突発音抑制機能などです。「ユーマティック」は、補聴器の人工知能により検出・分析された周囲の音環境の情報と、一人ひとりの聞こえの特徴を反映したパーソナルプロファイルの情報をとうごうして、信号処理を絶え間なくコントロールします。

個々のユーザーが持つさまざまな聞こえの特徴を、べロックスプラットフォーム、そしてイニウムセンスプラットプラットフォームの補聴器に搭載されている各種機能に反映させることで、さまざまな環境で、一人ひとりの聞こえの好みやニーズに合わせた音をユーザーの耳に届けることができます。

個別化された音を創りだす、フィッテイングソフトウェア「Genie(ジェニー)」

個別化フィッティングにおいて基本となるのは、個々のユーザーに合わせて選択されるパーソナルプロファイルです。ジェニーを使用してオージオグラムやその他の個人データ、過去の装用経験の情報や音の好みなどを反映し、パーソナルプロファイルを設定していきます。
このパーソナルプロファイルをベースとして、さまざまな使用環境に合わせた補聴器*の各種機能の動作が決定されます。さまざまな環境にあわせて動作するのはもちろんのこと、その方の好みに合わせた音を届けられることがユーマティック機能の最大の特長です。
ユーマティックマネージャーによって多様かつ精密な技術を取り入れつつも、パーソナルプロファイルによって、個々のユーザーに合わせた細やかな調整を容易に行うことを可能としています。

ユーマティックマネージャー対応補聴器

  • イニウムセンスプレミアム アルタ2シリーズ
  • イニウムセンスミドルクラス ネラ2シリーズ
  • イニウムセンススタンダードクラス リア2シリーズ
  • イニウムプレミアム アルタシリーズ
  • イニウムミドルクラス ネラシリーズ
  • イニウムスタンダードクラス リアシリーズ

*イニウムプラットフォームによる補聴器(小児用Senseiシリーズは除く)