製品について

固定電話(電話アダプター2.0)

電話での会話をもっとクリアに簡単に

電話がかかってきても受話器を走って取りに行く必要はありません。そして不快なハウリング(スピーカーとマイクが近づきすぎるなどで起こる不快な音漏れ)の心配もありません。

ストリーマー・プロとコネクトラインシステムの電話アダプター2.0をあわせていただくことで電話通話時の難しかった問題を解決します。もっと簡単にそして明瞭に電話での会話を楽しんでいただけます。 

コミュニケーションがもっともっと楽になる

電話アダプター2.0を使用すると、大切な電話を取り損ねてしまったり、大切な会話の内容を聞き逃すといった心配から解放されます。 コネクトラインシステム(ストリーマー・プロ+TVアダプター2.0の組み合わせ)によって補聴器がハンズフリーのヘッドセットの様に機能します。

固定電話の受話器を取らずに簡単通話 ハウリングにも悩まされない

電話アダプター2.0をご家庭でお使いの電話とコンセントの間にセットして使用します。電話の着信時には補聴器に着信音が届きます。電話に出るためには、ストリーマー・プロの電話ボタンを押すだけで受話器を取る必要がありません。電話の音声は直接補聴器に届きます。またストリーマー・プロ本体上部に内蔵されたマイクによって電話の通話相手に届きます。

通信範囲は最大30mと広範囲なため電話機から離れれて、家の中のほとんどどこにいても固定電話での会話が楽しめます。 

ところで電話の聞き取りはなぜ難しいのでしょうか?

補聴器ユーザーにとって、聞こえの関門となる問題のひとつが電話での会話です。補聴器ユーザーが受話器を耳に当てる際、ハウリング(マイクとスピーカーが近づきすぎることなどで起こる不快なピーピー音)の発生を防ぐために受話器を耳から離して使うなどといった不便を強いられることもあります。

軽度の難聴の方の場合、補聴器を外して電話の声を聞き取るなどしてこの問題に対処できるかもしれません。一方で、高重度難聴をもった補聴器ユーザーにとっては電話での通話時に補聴器は欠かせません。

補聴器の機能を最大限に活かしながら、ハウリングといった問題なしに、また通話時の低い音質を補う適切な方法として生まれたのが、ストリーマー・プロをはじめとするサポート器機なのです。電話の相手の声を一旦受け取り、ワイヤレス機能を利用して大きくそして明瞭な声として補聴器へ届けます。 

電話アダプター2.0

カラー:ブラック
本体価格 ¥28,000(税別)

サイズ・重さ :H21xW124XD80mm、100g
ワイヤレス通信範囲:最大30m

※仕様および価格は予告なく変更する場合がございます。

製品機能詳細