製品について

進化したブレインヒアリング

脳の負担を軽減し、聞こえにもっと余裕を持てるように

~進化したBrainHearing™テクノロジー~

難聴があると、脳に届く音の情報量が少なくなります。脳は音の持つ意味を理解しようとして、欠けた情報を補完しようとします。聞くためにより一層脳を働かせなければならない・・・これが疲れにつながります。

オーティコンオープンは、高速かつ正確にバランスの取れた音情報を届けることで脳の認知的な負担を軽減。会話を交わすために必要な記憶力、すなわち”会話の内容を覚え”一人ひとりが持つ”記憶や経験の情報と結びつける”この働きに余裕が生まれることで、より楽に会話を楽しめるようになります。

聞くことは考えること、私たちは脳で聞いています

BrainHearing™(ブレインヒアリング)について

聞くプロセスは、耳が音を捉えるところから始まります。私たちは耳ではなく、脳で音を聞いています。聞くということ、特にことばの理解は、機械的なものではなく、私たちの脳の認知のプロセスです。

ブレインヒアリングとは、脳が持つ音の意味を理解する4つの鍵となる働きをサポートするためにデザインされた、オーティコンの技術の総称です。耳を通じて脳に音が届くと、脳は捉える、分ける、集中する、理解するの4つの認知の働きを使い、音の持つ意味を理解します。脳の4つの働きは途切れることなく、非常に高速で、ほぼ同時に機能しています。

ブレインヒアリングについてもっと詳しく

オーティコン オープン

いままでの補聴器で果たしえなかったメリットを実現

オーティコン オープンは、ユーザーのより積極的な会話への参加をサポートします。騒がしい環境で、複数の話者が話す、聞き取りの難しい環境でも、会話の情報をより明瞭に、そして周囲の環境にある音も届けて、よりあるがままに近い自然な聞こえを届けます。聞くことに費やす脳の労力の軽減は、積極的な会話への参加を可能にし、また会話を続けるために必要な覚える力を高めます。また、バランスの取れた音が耳に届くことで、難しい環境での会話の理解が向上します。

オーティコンオープンについて

脳に優しいことが実証されています

騒がしい環境でも惜しみなく脳の聞く力をサポート

Oticcon Opn Brainhearing(TM)

オープンの聞こえは、脳がより楽に聞ける状態を保ち、例えばテーブルを囲む複数の話者の声を届け、興味を引く会話に耳を注意を向けやすくします。

人の声はもちろん、音楽やざわめき、フォークやナイフの音・・・その場の音環境を作り出しているすべての要素を届け続けることで聞こえる音の世界を広げます。このアプローチによってユーザーは、重要な話や興味深い音が聞こえれば自在に関心を切り替えることができます。

オープンは5つの主要分野において脳の聞く働きをサポート

オーティコン オープンは、複数の人々がさまざまに会話を交わす中でも、日常の聞こえの環境にあるすべての重要な音にアクセスすることができます。脳の働きから補聴器を考え、進化したオープンのブレインヒアリングテクノロジーは、特に5つの分野においてユーザーにメリットを届けます。

Opn_BrainHearing_icon_01

1.あらゆる環境で360°からの声を届ける
オーティコン オープンは、例え騒がしい環境でも、360°から複数の話者の会話を確実に届けることを目的に設計されています

Opn_BrainHearing_icon_02

2.素早いノイズの抑制
聞き取りの妨げとなるノイズは、脳に余計な負担をかけます。会話をより明確に際立たせるには、特定の方向からのノイズのみならず、環境に拡散したノイズについても素早く正確に抑制することが不可欠です

Opn_BrainHearing_icon_03

3.音の位置の捉えやすさ
オープンの新たな聞こえではあらゆる音を耳に届けることができます。脳がどこに集中すべきかを決めるために、ユーザーが正確な音の位置情報を得られることは非常に重要です

Opn_BrainHearing_icon_04

4.言葉の明瞭さ
最小限の努力で最大限のことばの聞き取りと豊かな聴取体験を提供するためにも、あらゆる場所において、すべてのスピーチは強化され、明瞭でなければなりません

Opn_BrainHearing_icon_05

5.聞こえの好みに合わせた個別化
聞こえは、記憶や経験などとも結びつき、たとえ同じ聴力でも聞こえ方は指紋のように、人によって異なります。オーティコン オープンの性能は、一人ひとりの聞こえのニーズや聞こえの好みに合わせた調整によって、最適化されます

補聴器のサポートで、脳をもっと元気に

補聴器を日常的に装用いただくことは、聞こえの悩みを持つ方にとって、人との会話がもっとずっと楽になり、より積極的にさまざまな集まりに参加したり、活動的な日常を過ごす後押しとなります。社会との関わりを持つことは、脳の働きの維持や刺激の増加へとつながり、認知機能の加速的な低下を防ぐことが可能になります。

*難聴への取り組みに遅すぎるということはありません。しかしながら早めに難聴の問題に向き合うことは、認知機能の側面にとって良いことです。エレナ・アミーバ教授、仏ボルドー大学(Hélène Amieva, Professor at the University of Bordeaux, France)