サポート

初めての補聴器装用へのヒント

補聴器を装用し始めて数日から数週間、特に補聴器を初めて使用される方は、耳慣れない音が聞こえて来ると感じるかもしれません。

下記のステップで、新しい音や長い間聞いていなかった音に慣れていくことができます。

1.家の中の静かな場所での練習

家の中などといった静かな場所で補聴器をつけ、新たに聞こえてくるいろいろな音に慣れましょう。
新しく聞こえる音は何の音か、一つひとつ確かめてみましょう。
今まで聞こえていた音も補聴器で聞くと感じが違って聞こえることがありますが、徐々に周囲の音に慣れていきます。
補聴器を使用して疲れを感じるときは、少し休んでください。
補聴器の音にだんだんに慣れていくのにしたがって、長時間使用も問題なく、そして一日中快適に装用できるようになります。

2.一対一の会話

まず、静かな部屋で、お互いの顔の表情を読み取りやすいように、向かい合って座ってください。
最初は少し大きく騒がしく感じるくらいの、いつもとは違った新しい会話の声が聞こえるかもしれません。
脳がその新しい音声に適応していくにつれて、人の声が以前よりもより鮮明に聞こえるようになります。

初めて補聴器へ触れる皆様と周りの皆様のために、話し方のちょっとした気配りをまとめた小冊子「みみともマナー」もあわせてご覧ください。


みみともマナー

3.ラジオやテレビを聴きましょう

始めは言葉が聞き取りやすいニュース番組を視聴してみてください。そして、他の番組をお試しください。

テレビやラジオが聞き取りにくい場合は、補聴器と一緒にお使いいただけるオーティコン・コネクトラインシステム(オプション)も検討下さい。

4.複数の人数での会話

レストランなどで複数の人数で会話をしている際、周囲の雑音が大きく聞き取りが難しくなります。話している人に注意を集中してみてください。その人の話が分かりますか。

にぎやかで周りに雑音がある場合には、なかなか聞き取りが難しいこともありますが、そのような時は遠慮なく聞き返してください。

5.電話で話す

補聴器を装着したまま電話をかける時には、受話器の上側のふちを頬骨に沿って軽くあてるようにして持ち、電話の受話器からの音が補聴器のマイクに直接入るようにします。 こうすることで、ピーピー音が鳴ることもなく、会話することができます。この持ち方をしたときには、電話の相手が良く聞こえるように受話器のマイクに向かって、直接話しかけるようにしてください。

電話の聞き取りをサポートし、補聴器と一緒に御使用可能なオーティコン・コネクトラインシステム(オプション)のご用意もあります。

6.携帯電話で話す

オーティコンの補聴器は、国際的な規格に準拠しています。しかしながら、携帯電話の種類やメーカーによっては、補聴器にノイズが入るかもしれませんが、故障ではありません。オーティコン オープンのご使用では、オープンは、iPhoneとの併用のために最適化されたMade for iPhone補聴器です。オープンとiPhoneを直接接続して通話いただくことが可能です。

また、携帯電話やスマートフォンとの快適な通話利用のために、補聴器と合わせて使用が可能なオーティコン・コネクトラインシステム(オプション)をご用意しております。詳細はお買い上げの販売店にお問い合わせください。

7.補聴器をできるだけ長い時間使用してみてください。

より良い聞こえを実現するためのベストな方法は、終日補聴器を使用することに違和感を感じなくなるまで、補聴器をつけ聞いていただくことにあります。補聴器はその音に慣れていただくことによって、より効果が発揮できます。

補聴器の装用によって以前の聞こえが戻るわけではありません。また、補聴器は難聴を予防したり、治すことはできません。しかしながら、補聴器はお客様の聞こえの力をサポートすることができます。両耳の補聴器をお持ちの際は、どうぞ二つの補聴器を一緒に御使用ください。

補聴器の装用中に違和感を感じた場合にはお買い上げの販売店へご相談ください。