NHK出版 きょうの健康 3月号「補聴器を購入する前に」

21/02/20

nhk-logo-238x60NHK出版発行の月刊誌「きょうの健康」では、本年1月号より年齢を重ねることで起こる加齢性難聴や補聴器について正しく理解いただくための特集記事『補聴器で毎日はつらつ』(全6回予定)が連載されています。3月号の第3回は「補聴器を購入する前に」。難聴があると分かり補聴器を検討してみようと思ったとき、実際どこへ行き、どのように補聴器を購入すればいいのかわからないとおっしゃる方は少なくありません。

同特集記事においては、補聴器の選択や使用法について相談ができる「補聴器相談医」について、また多くの方が実際に補聴器の相談に足を運ばれる補聴器販売店について「信頼できるお店の選び方」についても紹介されています。

聞こえは記憶や経験などとも結びつき、例え同じ聴力であっても一人ひとり聞こえ方は違います。はじめての補聴器のご相談の際にはしっかりとニーズや好みについてお話いただくこと、また購入いただいた後も補聴器をより良く活用いただくために、アフターケアはとても大切です。

オーティコンは、同誌3月号のテキスト企画『シニアが知りたい 睡眠のはなし』にも注目しました。この記事では、なぜ昔のように眠れなくなるの?としてシニアの不眠の理由について精神神経科の専門医の先生が回答されています。シニアの睡眠の不眠の多くには、加齢に伴う睡眠の変化という事実と、より良い睡眠をとりたいという願いとのミスマッチがあるとのこと。

睡眠は、聞こえとも無関係ではありません。睡眠の質に影響する「睡眠時無呼吸症候群」は聞こえの健康との関係が示唆されていますが、同記事では加齢によってこの症状が増えてくるとしています。

同記事では睡眠のなぜに様々な角度から回答する一方、大切なことは、睡眠の特徴を理解すること、さらに大切なのは毎日の起きている時間を楽しく充実したものにしていくことであると結んでいます。聞こえの問題もその仕組みや対処方法を知っていただくことで、大きくその不安が減るとされています。活動的な毎日のためにも定期的な耳鼻科での聴力検査の習慣をもっていただくことをお勧めします。

オーティコンでは弊社ホームページを通じて、引き続きNHKきょうの健康掲載の『補聴器で毎日はつらつ』についてご案内してまいります。ぜひ本誌と併せてご覧ください。

関連記事:
NHK出版 きょうの健康 2020年1月号「聞こえづらくなるのは年のせい?」
NHK出版 きょうの健康2020年 2月号「難聴には聞こえ以外の問題も!」 

補聴器工業会について
補聴器工業会」をご存じでしょうか?国内外の主要な補聴器メーカー各社がメンバーとなって、難聴者のニーズに応える補聴器をお届けすることで、難聴に悩む人々の社会参加を支援し、社会福祉にも寄与すべく努力を重ねており、弊社オーティコン補聴器もメンバーに名を連ねています。

 

【本件に関するお問い合わせ】
■ オーティコン補聴器 ソリューションマーケティング部 (PR担当: 木下、山地)
■ TEL 044-543-0615/ FAX 044-543-0616/ E-mail info@oticon.co.jp