NHK出版きょうの健康5月号「こんなに進化!最新の補聴器」

21/04/20

nhk-logo-238x60 はじめて補聴器を意識して弊社のホームページなどを通じてお問合せをいただくお客様の多くがおっしゃるのは、「補聴器がこんなに進化しているとは思わなかった」の一言です。

5月号の本誌では「デジタル補聴器は、小さなコンピュータ」の見出しのもと、特にこの10年間の補聴器の大きな進化について紹介しています。補聴器の心臓部にはコンピュータと同じプロセッサ(ICチップ)が搭載され、大量のデータ処理を可能にするICチップの進化が補聴器機能の進化につながっています。特にもっとも進化した機能として騒音や雑音を抑制する「騒音抑制機能」があげられています。また補聴器の進化としてスマートフォンとの連携などにも注目しています。

補聴器は、購入後も補聴器販売店の補聴器専門家との二人三脚でより良い聞こえを取り戻していくものですが、国内外のコロナウイルスの拡大とともに、先進の補聴器機能のひとつ、遠隔での調整を可能にする「リモートケア」といったサービスに注目が集まり、補聴器各社でもこのサービスが少しずつ本格化しています。現在補聴器をお使いの方は、新サービスの拡大に期待いただけるかもしれません。

また、弊社は、家で過ごす時間が増える中、5月号の本誌の巻頭「かんたん健康おかず帖」に注目しました。同レシピのご紹介では、レバーの栄養素として鉄や亜鉛、葉酸を挙げていますが、これらの栄養素は、より良い聞こえにとっても注目すべき栄養素です。誰にとっても難しいこの時期をできる限り健康でお過ごしいただくために、若い世代からシニア世代に向けて「意識したい」栄養のとり方についても関心を高めていただけたらと思います。

オーティコンでは弊社ホームページを通じて、引き続きNHKきょうの健康掲載の『補聴器で毎日はつらつ』についてご案内してまいります。ぜひ本誌と併せてご覧ください。

関連記事:
NHK出版 きょうの健康 2020年1月号「聞こえづらくなるのは年のせい?」
NHK出版 きょうの健康2020年 2月号「難聴には聞こえ以外の問題も!」
NHK出版 きょうの健康2020年 3月号「補聴器を購入する前に」
NHK出版 きょうの健康2020年 4月号「補聴器はトレーニングが必要です」

補聴器工業会について
補聴器工業会」をご存じでしょうか?国内外の主要な補聴器メーカー各社がメンバーとなって、難聴者のニーズに応える補聴器をお届けすることで、難聴に悩む人々の社会参加を支援し、社会福祉にも寄与すべく努力を重ねており、弊社オーティコン補聴器もメンバーに名を連ねています。

 

【本件に関するお問い合わせ】
■ オーティコン補聴器(PR: 山地)(デジタルマーケティング: 林田)
■ TEL 044-543-0615/ FAX 044-543-0616/ E-mail info@oticon.co.jp