聞こえについて

いろいろな形の補聴器があるのはなぜ?

なぜたくさんの種類の補聴器があるのでしょうか?

耳の形や聴力、聞こえの状況は一人ひとり異なります。聴力が同じであったとしても、まったく同じ聞こえの方はいません。様々な補聴器の特長を知っていたくことで、補聴器を検討する際に、補聴器販売店のスタッフとともに、あなたにぴったりの補聴器をを選ぶ参考としていただけるかもしれません。

一人ひとり聞こえは異なります

~ご自身の聞こえにあった補聴器選びが重要です~

なぜ補聴器にたくさんのスタイルがあるのかの問いには、一人ひとりの聞こえは指紋と同じで唯一無二のものだからとお答えすることができます。

お客様の現在の聞こえは、耳の形や位置、聴力や聞く力、難聴の原因や耳との関わり、左右の耳の聴力の差、これにさらに多くの要素が組み合さることで成り立っています。補聴器販売店では、補聴器専門スタッフが、お客様のこれらさまざまな情報を把握することで、現在の聞こえに適した補聴器を見つけ出していきます。

お客様自身もこの補聴器選びに参加いただけます。既にインターネットなどで、補聴器の形状、サイズ、またカラー展開や価格帯などについてご存知かもしれません。あらかじめこのような情報をお持ちになることは、補聴器選びに際して意義があります。その理由として、聞こえをサポートする医用機器が必要というニーズに加え、ライフスタイルや予算などのニーズを加味した製品をお探しいただけるということです。

ご自身の毎日の装用にぴったり合う製品をお選びいただくためには、お客様の持つニーズがきちんと補聴器スタッフに伝わること、そしてお客様とスタッフが共にに補聴器を選んでいくことがとても大切です。

耳かけ型:目立たないRITE(ライト)スタイル

RITE(ライト:外耳道レシーバー)スタイル補聴器とは、その以前からあった耳あな型と耳かけ型補聴器それぞれのメリットを融合した製品で、現在主流となっているスタイルの一つです。RITEスタイルの補聴器は、耳かけ型の補聴器に似ていますが、ほとんどの電子部品は補聴器本体の中に納められておりかなり小さいサイズの実現が可能です。耳の後ろにかけて使用します。RIC(リック)と呼ばれる場合もあります。

耳かけ型補聴器との違いは音の出口にあります。音は本体から非常に細いスピーカー(音の出口)を通じて直接耳穴(外耳道)へ届きます。スピーカーと補聴器の本体は細いワイヤーでつながれています。スピーカーを分離させたことで小さく軽く目立たないスタイルが実現しています。より鼓膜に近い耳の中で直接音を捉えられるため、高い音質が得られます。

RITE補聴器は、主に軽度から高重度難聴のユーザーに向けた製品で、髪の毛の色に合わせた目立たない製品から、デザインを重視した華やかなカラーの製品もあります。

耳あな型:見えない補聴器IIC(Invisible-In-the-Canal)

ユーザーの耳穴の形に合わせて作成するオーダーメードの耳あな型補聴器です。

耳穴の中に装着する製品を耳あな型補聴器と呼びます。最小サイズの耳あな型補聴器IIC(アイアイシー)は、見えない補聴器を熱望されるお客様に向けてデザインされた補聴器です。IICは、耳穴の奥にすっぽりとおさまって、装用していること自体が外から見えない補聴器です。また人が本来もつ音を集めて耳穴に届ける、自然な耳介の効果を活かすことができます。

[見えない補聴器]IIC

耳あな型補聴器を作るには、耳型の採取が必要です。見えない補聴器でもあるIICは、主に軽度から中等度の難聴を持つお客様に適しています、お客様の耳の形によっては、一つサイズを広げた極めて見えにくい補聴器CIC(シーアイシー)をお勧めする場合もあります。

耳あな型:さまざまなサイズがあります

耳あな型補聴器は、耳穴に直接装着するため、鼓膜に近い耳の中で音を捉えるため、高い音質とより自然な聞こえが実現できます。

耳あな型補聴器は、軽度から高重度の難聴の方にお選びいただける補聴器です。耳穴型補聴器は聴力や好みなどに合わせて、見えないを重視したIICから、特定の環境の聞こえのための補聴器プログラムを設定したり、テレコイル(補聴器のマイクとは別に、磁気により音をとらえる機能)を内蔵するなど、さまざまな機能の設定が可能な一方で標準サイズとされるカナルサイズも目立ちにくい補聴器の一つです。目立ちにくいながらも大きさを確保することで、操作性を高めたハーフフルといったサイズもあります。耳あな型補聴器は、目立ちにくさに加えて、取扱いがやさしい、またメガネや帽子などの邪魔にならないとして日本国内では特に多くの方にお選びいただいています。

耳かけ型(BTE)

耳かけ型補聴器は、イヤモールドなどを合わせて使用します。補聴器本体側ににスピーカー(音の出口)を組み込んだ補聴器です。音は補聴器から筒状のチューブ(音管)を通してイヤモールドに伝わります。

耳かけ型補聴器は、軽度から重度までの幅広い聴力レベルのユーザーに対応できます。聴力によっては、比較的目立たない細いチューブを使用いただくこともできます。耳の後ろにかけて使用するため比較的目立ちません。どなたにとっても扱いやすいサイズから、非常に目立ちにくいミニ耳かけ型、またパワーのある補聴器を探しているお客様に向けた製品や新生児~16歳ごろまでの子どもたちの発達を支える小児用補聴器まで豊富な製品をそろえています。

あなたにとって一番の補聴器は?

さまざまなスタイルやオプションをもつ補聴器を前にして、ご自身にとって一番の補聴器をどうやって選択するのか悩まれるかもしれません。もちろん、補聴器選びでは、補聴器販売店などの専門スタッフが補聴器選びをサポートします。スタッフからの質問が補聴器選択の決め手となるかもしれません。驚くべきことにこれらの質問は、直接聞こえについての質問ではないかもしれません。「運動を良くされますか」「パーティによく足を運びますか?」や「ご自宅では誰と一緒にテレビを見ますか」「補聴器は目立たない方が良いですか、またはあえて魅せることも考えますか」「何か新しいことに取り組むときには、積極派ですか、慎重派ですか」といった生活スタイルやご自身の性格などについての質問を受けるかもしれません。

もっとも大切なこととは:聞こえは、私たちが毎日、毎分、毎秒、周囲の人々や世界とよりスムーズにそしてより楽にかかわりを持ち続けていくために聞こえは大きなウェイトを占めています。同時に、私たちの生活における聞こえは、極めて個人的なものであり、一人ひとりで大きく異なります。聞こえについてのサポートを求める際、ご自身のニーズに合わせ、個別化されたサービスが必要です。幅広い補聴器スタイルをご用意しているその理由とは、皆様によりフィットする補聴器製品をお選びいただくことが何よりも大切なことだからです。

オーティコンの主要補聴器ラインアップ