our hearing sleeping

私たちの聞こえ

聴覚とは、寝ている間でさえも機能し続ける感覚機能のひとつです。

聞こえはとても大切です。

私たちの日常生活と生活の質(QOL)は、難聴によって大きな影響を受けます。

聴覚を通じ、常に私たちは大切な情報を受け取り続けています。
受け取った声や音はさまざまな感情を呼び起こし、記憶を思い起こさせます。
だからこそ聞こえはとても大切なものなのです。

at-work-475x350

仕事の場面で:

● 商談や同僚との複数人での会議
● お客様からの電話を受ける
● にぎやかな社内で会話についていく

at-social-occasions-475x350

人と関わる社交的な場面で:

● 友人、家族、孫などとのおしゃべり      
● にぎやかなレストランでの会食    
● 電話でのおしゃべり           
● 家族や友人たちと一緒にテレビを見る

for-our-own-safety-475x350

自身の安全に関わること:

● 交通の激しい往来を歩くときの周囲の音
● 道路でのサイレンやクラクションなど車からの警告音
● 周囲の状況を把握して必要なら助けを呼ぶ

when-we-learn-475x350

学びの場において:

● 聞くことへの最小限の労力   
● 先生とのコミュニケーション  
● 教わった内容を正しく認識できる

さらに聞き逃せない聞こえがあります。音楽、子供たちの笑い声、思いやりのひとこと、家族やとても親しい人と交わすささやき声。また鳥の鳴き声、枝葉を揺らす風のざわめき、秋の虫の声、寄せては返す波の音、たき火やキャンプファイヤのはぜる音・・・自然の奏でる音も大切な要素です。

私たちはどのようにして聞いているのでしょう

私たちは、左右両方の耳を使って音や会話を捉え、そして脳で言葉の意味を理解しています。

健康な聞こえ
健聴の場合、聴覚システムは低音(楽器のコントラバスや車の音など)と高音(バイオリンや鳥のさえずりなど)との双方を聞くことができます。専門用語を使うと、低音側は20ヘルツから高音では20,000ヘルツの可聴範囲があることを指します。さらに非常に静かな音(蚊の飛ぶ音)から非常にうるさい音(ジェットエンジン)までを聞くことができます。これは音量でいえば0デシベルから120デシベルまでを示します。

ことばの理解
脳は、ことばの理解を得意としており、カフェでのおしゃべり、電話に出る、講義室など環境が変わってもさまざまな局面へ対処できます。脳は聞きたいことばや音に集中しながら、興味のない音や周囲の騒音は無視できます。オーケストラが奏でる交響曲のなかから特定の楽器の音(例えばチェロ)だけに耳を傾けることができるのは、脳が持つこの機能があるからです。騒音のある環境でも親しい人たちとの会話に参加できるのも同じ理由です。

耳を含む聴覚による空間認知
私たちの脳は、それがどの角度からであっても、頭の周囲360度の聞こえを聞くことができます。脳は、先方と後方、上と下と音の方位を聞き分けることができます。これによって音がどの方向から来るのか、部屋の大きさがどのくらいなのか、またその場の妨げになるものがあるかなどを判断することができるのです。

耳の働きと聞こえ

耳の構造

"Hello"

Auditory
canal
Eardrum
Hammer
Anvil
Stirrup
Eardrum
Nerve fibres
Cochlea
Back

The brain

Once impulses are sent to the breain, it processes the data so that we can select waht is relevant to the situation and follow it.

The inner ear

Processing begins in the inner ear and sound waves are transformed into electrical impulses. The snail-shaped cochlea is filled with fluid, sound waves cause this fluid to move and the movement is picked up by the sensory cells which send the electrical impulses to your brain.

The middle ear

Three tiny bones and the eardrum make up the middle ear. The hammer, the anvil and the stirrup. The stirrup is actually the smallest bone in your body. They work together to amplify sound waves.

The outer ear

Ever wondered why an ear is shaped as it is? The shape of your ear ensures that sound waves are captured and directed through the auditory cancl into your eardrum.

脳は休むことなく働き続けています

私たちは、騒がしいレストランのような騒音のある場所で会話を交わすのは難しいと感じます。その理由は、人の声はさまざまに異なる音から構成されており、これらが重なって、まるで急流のように耳に届くからです。私たちの脳は絶えずこれらのことばを捉え、集中して会話を理解します。

健康な聴力でも、うるさい場所での聞き取りは時に困難です。私たちの脳は優秀で、聞きたい音に自然に耳を向けることができます。常に周りの音環境を把握して、聞きたい情報についていくことができます。ですが騒音などによって、耳に届く音が小さかったり、声が不明瞭なときなどは、音の意味を捉えるためにいつもより激しく脳を働かせることになります。大変にぎやかな環境で、声を聞くことにストレスを感じるのはこのような理由からです。難聴などで聞きづらさを感じるということは、一生懸命聞こうとして脳を激しく働かせる状況が増えるということともいえます。

sensory-cells-fibres-inner-ear-830x475

難聴とは?

長時間大きな音にさらされ続けると、内耳の聴神経を損傷する危険性があり、これが恒久的な難聴につながる可能性があります。

もっと読む

  • 聞こえの仕組み

    聞こえは耳ではなく、実は脳で聞いています。こちらから聞こえの仕組みをご覧いただけます。

  • よりよい聞こえ――そのために何ができる?

    あなたが聞こえに困難を抱えているなら、聴覚ケアの専門家による適切なチェックには受ける価値があります。有益でよい時間を過ごすことができます。

  • Facebookでオーティコンをフォロー

    オーティコンをFacebookでフォローしてニュースや製品に関する最新情報を取得しましょう。

  • お近くの販売店を探す

    補聴器販売店では、聞こえや補聴器についてご相談いただけます。またオーティコンでは、耳鼻科医での定期的な聴力検査をお勧めしています。