introbanner-training-oha-1920x600

オーティコン・アカデミーのご紹介

オーティコン補聴器は、オーディオロジー(聴覚学)が体系的に学べる講座、オーティコン・アカデミーを、聴覚分野の専門家や学生の皆様向けに開設いたしました。オンライン講座はお好きな時間、お好きな場所からご活用いただけます。
オーティコン・アカデミーには、基礎編、イーダ研究所編、応用編の3つのコースがあります。

◇ 基礎編(2020年11月10日から順次開講)
耳の構造と機能、dB、難聴、補聴の考え方などの、補聴器フィッティングのベースとなる知識から、補聴器の基礎、フィッティング理論や技能、製品などの補聴器に特化した講座まで、幅広く基礎的なことを学んでいただくための講座です。

◇ イーダ研究所編(2020年12月1日から公開)
聴覚ケアにおける「パーソン・センタード・ケア(ひとを中心に据えたケア)」* アプローチの理解を深め、難聴のある方が「どのような悩みを持ち、何を解決したいと思っているのか」ということを理解した上で、専門家の方々が適切に対応できるよう必要な考え方やツールを学んでいただくための講座です。
* デンマーク大使館主催「Designing For Health (デザイニング・フォー・ヘルス)2019」参加レポート

◇ 応用編(2021年開講予定)
オンライン講座(小児難聴、高重度難聴、特殊な補聴など)と対面での実習(聴力測定、補聴器特性測定など)の組み合わせで実施予定です。

Oticon Academy

オーティコン・アカデミーは、習得していただいた知識を補聴器販売店や医療関連施設の実際の現場にてご活用いただくことを考慮して、講座内容を構成しております。補聴器のことをまだよく知らないという方の学習や、経験者のスキルアップや知識の復習にもご活用いただけるように、様々な講座をご用意しております。 応用編については2021年開講予定で、より高度なオーディオロジー、補聴器フィッティングの専門家を目指す方にさらに必要な知識や技能、補聴器の最新テクノロジーについて学んでいただけるプログラムを準備する予定です。

オーティコン・アカデミー開校のご挨拶

オーティコン補聴器 プレジデント
木下 聡

オーティコン デンマーク本社 プレジデント
オーレ・アスボーレ・ヨーゲンセン

シニアディレクター
トーマス・ベーレンス

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ItOdk50LbEM" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen][/iframe]
greeting-640x360

受講をお考えの方に向けて

オーティコン・アカデミーのコース開設にあたり、ご挨拶申し上げます。

皆様ご存じのように、日本においては、聴覚学を体系的に学習する機会が限られております。特に、言語聴覚士は「発声発語、嚥下、言語、聴覚に障害を持つ方々に対するケア」のプロフェッショナルであるはずですが、免許取得後の就職先で聴覚障害に関わる業務は皆無という方々は少なくありません。言語聴覚士の約8割が成人の言語障害、発声発語障害、摂食嚥下障害に携わっている現状からすると、この現象は理解に難くありません。

しかしながら、日本のような超高齢化社会においては、どんな疾患があろうとなかろうと、加齢による難聴からは誰も逃れることはできません。難聴に起因する孤立感は周知のことと思いますが、家族でさえも「聞こえにくさ」に関する理解が乏しいために、益々、難聴者を精神的に追いやってしまいがちです。難聴者に対して、認知症とかうつ病とかのレッテルを貼ったりすることも、頻回に見聞きすることです。近年は適切な聴覚補償・管理が認知症回避につながるという研究も散見するようになりました。しかし、単に補聴器を装用したからと言って明確に聞こえるわけではなく、本人の聴力や聴覚機能にあわせた補聴器の選択・適合およびリハビリテーションが必要です。まさに、オーティコン・アカデミーの根本理念である、「BrainHearing(ブレインヒアリング)と考えます。それらの専門的知識・技能を難聴者に提供してこそ、「ことばときこえのプロフェッショナル」と言えるのではないでしょうか?

言語聴覚士のみならず、本コースは補聴器販売会社に勤めておられる方々にとっても、言語聴覚士を目指す学生にとっても有用と考えます。体系的に勉強したいけど「補聴器のことは知っている」とか「面倒くさい」などと考えていませんか?医療の進歩同様に、補聴機器の進歩も目覚ましいものがあります。本コースは、基礎から応用編まで用意されており、聴覚学の基礎に始まり最新の補聴テクノロジーについてもわかりやすく設定されております。オンラインコースですから、ご自身のスケジュールにあわせて何度でも繰り返し受講することができ、知識を確たるものにするには適していると考えます。

難聴者にとって「ライフチェンジングテクノロジー」とするには、きこえに携わるプロフェッショナルによる適切な介入が必須です。聴覚障害を持つ方々の社会参加を促すために、専門的に学ぶコースをご用意いただき、関係者の皆さま方には深く御礼を申し上げます。

国際医療福祉大学大学院
副大学院長、保健医療学専攻主任
教授 城間 将江

受講要項

受講対象者 補聴器に興味のある聴覚ケアの専門家や学生
内容 基礎編27コース、イーダ研究所編2コース(応用編は2021年開始予定)
受講料 基礎編+イーダ研究所編 税抜30,000円
イーダ研究所編(2コース)のみ 税抜5,000円
応用編は別料金となります。
決済方法 銀行振込、またはオーティコンとお取り引きのある法人口座への請求
受講方法 PC、タブレット、スマートフォン
受講期間 6ヵ月(イーダ研究所編のみ2ヵ月)
お申込み方法 受講申込みフォームへ必要事項を記入の上でのお申込み
*イーダ研究所編の受講について
 イーダ研究所編は受講開始日が決まっており、毎偶数月1日受講開始となります。
 直近の受講開始日のお申し込み受付は、毎奇数月20日17:30締め切りとさせていただきます。
 【例】2021年2月1日開始分を受講したい場合には、1月20日17:30までにお申し込みください。
 「個人または法人からの振り込みの方」はご入金が確認できていることが必要です。
主催 デマント・ジャパン株式会社 オーティコン補聴器
お問合わせ オーティコン・アカデミー事務局
Eメール   oticon.academy.jp@oticon.com 電話 044-543-0615

講座内容

基礎編、イーダ研究所編のコース詳細は以下からご確認ください。(3/29更新)

コース詳細はこちら

基礎編 講座サンプル

以下から基礎編講座のサンプルをご覧いただけます。

お申し込みの流れ


① 受講申込みフォームからお申込み 

受講申込みフォームに必要事項を入力の上、お申込みください。
※ お申込みの際は、必ず受講規約および個人情報保護方針に同意の上で、お申込みください。

受講規約
個人情報保護方針(オーティコン)
個人情報保護方針(イーダ研究所)
受講申込みフォーム
※ お申込みから1営業日以内に事務局から連絡が無い場合は、お手数ですが、事務局までご連絡ください。
オーティコン・アカデミー事務局 Eメール oticon.academy.jp@oticon.com 電話 044-543-0615

振り込み区分は下記の2通りがございます。
・個人または法人からの振り込み
・法人(販売店など)への請求

オーティコン補聴器とお取引のある法人の方は「法人(販売店など)への請求」を選択していただき、カスタマーNo.を入力していただくと、通常の補聴器の注文と同様に、御社締日に応じて翌月以降の請求書に記載させていただきます。

② 事務局から申込み受付メールを返信

お支払い方法をご連絡いたします。
「個人または法人からの振り込み」の方は、受講前にご入金が必要となります。

③ 事務局から受講案内メールを送信 

「個人または法人からの振り込み」の方はご入金後、「法人への請求」の方は申し込み受付メール返信後に、
受講方法をご連絡いたします。

オーティコン・アカデミーの特長

demant_head_office_jbp5215_demant_location_481-960x500
1 オーディオロジー(聴覚学)の基本から、補聴器テクノロジーの最新の知見や、補聴器フィッティングの実務に活かせる応用編までを学ぶことできます。
2 日本初導入となる、聴覚リハビリテーションのカウンセリングの専門研究所であるイーダ研究所が作成したコースから、カウンセリングについて学ぶことができます。
3 補聴器のことをよく知らないという方の学習や中堅職員のスキルアップなどにも対応できるよう、豊富なオンライン講座を取り揃え、好きな時に受講することができます。

コース修了者特典

oticon_kongebakken_gab_4409-960x500
1 イーダ研究所編の修了時にデジタルバッジを授与いたします。
2 オーディオロジー知識、技能、テクノロジー/プロダクトのすべてが修了した時にデジタル修了書を授与いたします。
e4es0669-960x633

イーダ研究所のご紹介
イーダ研究所は、1977年デンマークに設立された聴覚ケアを専門に研究する研究所です。研究所の名前は、オーティコン補聴器創業者の後を継いだ2代目、ウィリアムデマントの妻のイーダという名前が由来です。研究所では、「聴覚リハビリテーションにおける ひとを中心に据えたケアの開発と統合」というミッションの下、難聴者とそれを取り巻く家族、そして聴覚ケアの専門家がそれぞれにメリットを得られるよう、さまざまなツールとノウハウの開発をすることを通して、社会貢献を目指しています。

Demantのご紹介
デマントはデンマークに本社を置く、聴覚ヘルスケア分野で世界をリードする企業です。聞こえに悩む人々が周りの世界とつながることをサポートするためのソリューションやサービスを提供しています。その傘下には、補聴器、人工内耳、聴覚検査装置、オーディオソリューション、および聴覚ケアを提供する部門があり、聴覚ヘルスケア分野のあらゆる面において世界約130ヵ国以上で製品やサービスを提供しております。 全デマントグループ約15,000人の従業員と共に人々の聞こえと健康の改善に努め、人生に変化をもたらす革新的なテクノロジーとノウハウの開発を常におこなっています。

  • プロフェッショナル

    専門家向けに最新情報を発信しています。

  • 最新情報

    オーティコンの補聴器製品等に関する最新情報をご覧いただけます。

  • Facebookをフォロー

    Facebookのオーティコン プロフェッショナルをフォローして最新のニュースや製品情報を取得しましょう。

  • みんなの聞こえ

    聞こえ、補聴器、子ども、ヒントなどのお役立ち情報を配信しています。