聞こえへの対処 – どんなサポートがあるのでしょうか?

難聴の可能性に気づいたとき、そこにはさまざまなオプションがあります。補聴器が必要かどうかは、聴力レベルとお客様のニーズによって異なります。

聞こえの不安に対処する最良の方法は、まずは耳鼻科における聴力検査をお受けいただくことです。難聴があることが分かり、補聴器を勧められた場合、補聴器販売店にて補聴器専門家や専門スタッフへ聞こえや補聴器について相談いただけます。

難聴と脳との関係

難聴をそのままにしておくことは、認知機能低下のリスクについても影響を考える必要があります。その背景として聞こえにおいて脳と耳とは共に機能している事実があるからです。耳は音を集め聴覚システムを通じ増幅し脳へと届けます、脳が届いた音を処理することで私たちは音の意味が理解できます。

難聴があると、人々が話す内容の理解に、常により多くの精神的エネルギーを要します。その結果、難聴を持つ方は疲れを感じやすく、社会的な活動を難しく感じはじめます。しばしば周囲と距離を置きがちになり脳に必要な刺激を欠くことになります– それは認知機能の低下につながることがあります。

 

この問題に対して、オーティコンは、脳がどれだけ自然にそして楽に音の意味を理解できるか、脳の聞く働きに注目し脳から聞こえを考えた補聴器を開発しています。

BrainHearing™ (ブレインヒアリング)テクノロジーの働きとは

正しい聴力を知るには

実際の聴力レベルと聞こえのニーズを特定するには、まずは耳鼻科で聴力検査をお受けください。聴力検査では痛みを感じることなく、難聴の有無、また難聴の度合いやその種類が判定されます。耳鼻科では、聴覚検査の結果によって、聞こえについてさらに行動を起こす必要があるかどうかを判断します。

補聴器販売店、補聴器の専門家とは?

補聴器や聞こえについては、補聴器販売店へ来店の上ご相談ください。補聴器販売店では、補聴器の専門家や専門スタッフが、お客様との対話と補聴器カウンセリングを通じて、正しい補聴器の選択をサポートします。

お客様の聴力、ライフスタイル、デザインの好み、また予算についても考慮します。聴力測定の結果とニーズの双方に基づいて、専門家はさまざまな解決策をご案内できます。補聴器は、ほとんどのタイプの難聴に役立ちます。

初めての補聴器相談について

難聴への対処にはどのような方法がありますか?

難聴の原因には、耳垢や感染症などの一時的なものも含みさまざまな理由があります。最初のステップは、耳鼻科を受診の上、聴覚障害の原因を医師に相談いただくことです。

ほとんどのタイプの難聴は、補聴器の装用によって対処できます。きわめて深刻な難聴の対処には、人工内耳といった外科手術が適用される場合があります。

より良い聞こえのための聴覚ケアのステップとは

ぴったりな補聴器を探す

先進の補聴器は、きわめて目立たず、周囲からつけていることが分からない補聴器もあります。補聴器の専門家とともにお客様のニーズや好み、予算に合った補聴器をお探しいただけます。

 

さまざまなタイプの補聴器を見てみる

  • 資料請求

    オーティコン補聴器のカタログ等の資料送付をご希望の方はこちらからお申込みいただけます。

  • お問合せ

    Webフォームまたはお電話でお問合せいただけます。

  • 補聴器取扱店のご紹介・補聴器の試聴相談

    オーティコン補聴器取扱店のご紹介や、オーティコン補聴器のご試聴相談は、こちらからお申込みいただけます。

  • 2週間無料試聴お申込み

    オーティコンの最新補聴器を試聴いただけます。