how-hearing-aids-work-1920x700

補聴器の働きを知る


補聴器は単なる音を大きくするための集音器ではありません。難聴に関する生理学、難聴が健康や脳の機能へ与える影響などについての数十年にわたる研究結果に基づき開発され、装用者のための最適な音に処理するための高性能なコンピューターチップを搭載しています。

exploded-view-alta-minirite-opendome-steelgrey

補聴器の内部

I 補聴器は、マイクロフォン(音の入り口)、アンプ(増幅器)、スピーカー(音の出口)、電池、補聴器の心臓部となるコンピューターチップ(プロセッサ)の主に5つの基本的部品からできています。コンピューターチップには聞こえを装用される方のニーズに応じて最適化するためのソフトウェアが搭載されています。

補聴器はどれも同じように見えますが、搭載されているコンピューターチップの性能、技術、機能で大きな差が生じます。補聴器の性能が高く、高機能であるほど、音質や求める聞こえのニーズにも応えやすくなります。性能差は、チェンネル数、騒音抑制、突発音抑制、ハウリング抑制、風切り音抑制、データロギング、学習機能など、搭載される機能によって変わってきます。

さらに最先端の補聴器には、スマートフォンなど多くのデバイスとワイヤレス接続できる製品もあります。

最新の補聴器製品には最先端のテクノロジーが搭載されておりますが、価格も高いものになります。しかしながら、それぞれの好み、ニーズ、そして予算に合った補聴器を選んでいただけるように製品が用意されています。補聴器販売店にてライフスタイルや予算に応じた補聴器をご相談いただくことができます。 

オーティコンの先進補聴器を見る

the-processing-of-sound-1920x700

音を処理する

今日のデジタル補聴器は、マイクで拾った音をデジタル信号に変換し、補聴器内で処理してから、補聴器装用者が聞くためのアナログ信号に再変換されます。

補聴器製品ラインアップを見る

  • 補聴器の働きを順を追って見る:

  • 補聴器のマイクが音を拾います。

  • 内蔵のチッププロセッサーが音を解析します。

  • 解析した音をアンプ(増幅器)に送ります。

  • 増幅された音をスピーカーに送ります。

  • スピーカーから変換された音は、耳の中に装着した補聴器のチューブまたはワイヤーを通してレシーバーを介して内耳に送られます。

  • 内耳に到達した音は電気信号に変換されます。

  • 電気信号は脳に送られ脳で音を認識します。

補聴器がもたらすものは

  • John Harvey, UK

    “ 本当に人生が変わりました。聞こえが変わることで人生も変わります。”



  • Maria Salcines, Spain

    “ ほとんどの人が補聴器をしていることに驚きますが、今聞こえているすべての音を新鮮に感じています。”


  • Peter Valler, UK

    “ 補聴器をしていることを忘れるほど聞き逃すことなく会話についていくことができます。”


  • 聞こえの仕組み

    聞こえは耳ではなく、実は脳で聞いています。こちらから聞こえの仕組みをご覧いただけます。

  • 専門家のアドバイスを受ける

    聞こえに悩みや不安があれば、専門家にご相談いただくことができます。

  • 近くの補聴器販売店を探す

    補聴器販売店では、聞こえや補聴器についてご相談いただけます。またオーティコンでは、耳鼻科医での定期的な聴力検査をお勧めしています。