トレーニングやフィットネスをサポートするアプリのように、ヒアリングフィットネスは補聴器の装用状況をモニタリングして、補聴器装用のメリットにつながるようなインサイト、すなわち補聴器の装用に関するヒントを提供します。インサイトはライフスタイルやヘルスケアの情報と音響環境分析を組み合わせたビッグデータ分析に基づくものです。

ヒアリングフィットネスは、オーティコン ONアプリのメニューとしてご利用が可能です。ご使用に際しては、お客様の補聴器装用や、ヘルスケアに関する情報提供への同意が必要とします。*

* オーティコン HearingFitnessは、改良を続けています。 App StoreやGoogle Playで最新バージョンを入手してください。

  • take-control-of-your-hearing-health

    聞こえの健康を管理

     

    聞こえのデータの概要を指先ひとつで。聞こえの健康を保つことができます。

  • 聞こえを維持。健康を維持。

     

    周囲との交流は聞こえを司る脳にとって重要なトレーニングです。そして聞こえはおしゃべりや笑い、大切な人の気持ちをあなたへと届けます。

  • 難聴が引き起こす認知機能の低下リスクと戦う

     

    45歳から65歳の時期に、禁煙や定期的な運動などともに、難聴対処に対し適切な対処を行うことで認知機能低下につながるリスクの低減が見込めるとされます。*

    * Livingston et al, 2017

潜在的な聞く力を発揮

さまざまな場面でできるだけ補聴器を活用できる様に、ヒアリングフィットネスは補聴器の使い方の最適化を目指します。

ヒアリングフィットネスはベースとなる基準点を把握するためにお客様の補聴器装用に関するデータを測定します。この基準点から聞こえの目標設定や、その進捗状況などを計測します。ちょっとしたサポートが必要な際は、穏やかなヒントを送りお客様の継続的な装用の後押しをします。

ホワイトペーパー(英文)を読む

  • 脳にもトレーニングを

    会話や人との交流との音は脳を直接刺激し、脳の持つ聞く働きを活性化させます。

  • デジタル世代のための聴覚ケア

    ヒアリングフィットネスはヘルスモニターのような他のウェアラブルデバイスとデータを組み合わせることで個別化されたインサイト(ヒント)をお届けします――データドリヴン、つまり実データに基づく聴覚ケアが始まっています。

  • 2018年CES イノベーション アワード受賞

    CESとは、国際的なエレクトロニクスやテクノロジーの見本市です。世界中から集まった消費者向けのコンシューマーテクノロジーが発表される場です。ヒアリングフィットネスは2018年以降も世界のユーザーの皆様からのデータ提供を受けて進化を続けています。

all-in-a-simple-app

全てはひとつのアプリに

ヒアリングフィットネスは、オーティコンの補聴器用アプリのオーティコン ONに組み込まれたメニューです。1日の装用時間やと目標の達成度合いなどを見ることができます。

オーティコン ONアプリについて見る

あなたの補聴器との互換性についての情報を入手

補聴器の互換性