充電式補聴器

(FAQ)

  • > 補聴器の充電はどのくらいの頻度で行う必要がありますか?

    充電は毎晩行ってください。リチウムイオン充電池は毎日充電することができ、補聴器を充電する前に電気を使い切る必要はありません。

  • > フル充電でどのくらい使用できますか?

    使用できる時間は、TVや携帯電話、コネクトクリップからの音声ストリーミング等、さまざまな要因によって変化します。


    使用時間の目安:

    • ストリーミングをしない時、約24時間

    • 5時間のストリーミングをした時、約18時間


    もし、最近これまでよりも使用時間が短くなってきたと感じたら、電池交換の時期の可能性があります。購入した販売店にご相談ください。

  • > 補聴器を充電器へのセットの仕方を教えてください。

    補聴器のLEDライト充電器のLEDライトと同じ向きになるように、補聴器を充電ポートにセットします。正しく充電器にセットされると補聴器のLEDライトが点灯します。LEDライトが点灯しない場合は充電されません。

     

    video-login 
  • > 補聴器がフル充電されたことをどのように知ることができますか?

    補聴器が充電中の時は補聴器のLEDライトが赤く点灯します。補聴器がフル充電されると、補聴器のLEDライトが緑に点灯します。充電時間は電池残量によって変化します。完全に放電している場合は、フル充電に約3時間かかります。


    video-login 
  • > 補聴器を充電するのにどのくらいの時間がかかりますか?

    充電時間は充電池の電池残量によって変化します。完全に放電されている場合には、フル充電に約3時間かかります。
    また、充電開始から最初の30分で約25%充電され、1時間で50%充電されます。

  • > 補聴器を充電器にセットしたままでどのくらい放置できますか?

    補聴器の置き場所として充電器にセットしておくことは最良の場所といえます。補聴器を使用しない場合は、充電器にセットしてください。これにより常に充電された状態で補聴器をお使いいただけます。

  • > 外部電源に接続されていない充電器に補聴器をセットするとどうなりますか?

    外部電源に接続されていない充電器に補聴器をセットすると、補聴器の電源がオンになります。従って、補聴器を使用しないにもかかわらず、電池を消耗してしまいます。充電器に補聴器をセットする際には、必ず充電器は外部電源に接続してください。

  • > 充電器の外部電源には何が使用できますか?

    充電器のUSBプラグを電源プラグに差して通常の電源コンセントから充電するほかに、外部機器のUSBポートから電源を取ることができます。ただし、外部機器はUSB2.0規格のポートを持ち、最低出力500mAであることが必要です。外部機器の例としては、PC、車、モバイルバッテリーがあります。

  • > 充電器に補聴器をセットすると補聴器のLEDが赤く点滅します。これは何ですか?

    システムエラーを意味します。購入した販売店にご相談ください。

  • > 補聴器の電源のオン/オフはどのようにしますか?

    補聴器を充電器から外すと、補聴器の電源は自動的にオンになります。補聴器を充電器にセットすると、補聴器の電源は自動的にオフになります。しかしながら、手動で補聴器の電源のオン/オフができます。


    動画: 充電式補聴器の電源のオン/オフの仕方

  • > 充電式補聴器に補聴器用の乾燥器を使用してもよいですか?

    室温が40 °Cを超える時には補聴器用の乾燥器を使用しないでください。リチウムイオン充電池は熱にとてもデリケートであり、故障の原因となります。

    べロックスシリーズの補聴器はすべて国際保護等級IP68を取得しており、日常生活防水仕様となっています。従って、補聴器用の乾燥器を必要としていません。補聴器内部のリチウムイオン充電池はナノコーティングされており、湿気対策も施されています。

  • > Oticon ON アプリで補聴器の電池残量を確認することはできますか?

    できます。ホーム画面から設定を開き、補聴器を選択すると現在の電池残量が%で表示されます。

    注意:新しい電池の場合、アプリが正しい電池残量を表示するまで数日かかります。

  • > iPhoneの設定で電池残量を確認することができるようになりますか?

    できます。注意:新しい電池の場合、アプリが正しい電池残量を表示するまで数日かかります。

    補聴器をiPhoneとペアリングすると、補聴器の電池残量を確認する他の方法もあります。

     

    オプション 1

    iPhoneのホームボタンをトリプルタップ(素早く3回連続でタップ)します。iPhoneのヒアリングデバイスが表示され右上に電池残量が%で表示されます。

     

    オプション 2

    IPhoneの設定 > アクセシビリティ > ヒアリングデバイス から、接続済みのMFIヒアリングデバイスをタップすると電池残量がバーで表示されます。

  • > リチウムイオン充電池とは何ですか?

    リチウムイオン充電池は、商用電子機器に幅広く使用されているものです。電池容量を大きくすることができ、電池消費が長持ちで充電時間が短いことが特徴です。

  • > リチウムイオン充電池は温度にデリケートですか?

    少々デリケートです。充電は+5°C から +35°C の室温で行ってください。この範囲外では充電できないことがあります。+5°C から +35°Cの動作温度になると自動的に充電が再開されます。

  • > リチウムイオン充電池は、毎晩充電しない方が長持ちしますか?

    リチウムイオン充電池は、充電前の放電が必要ないため、毎晩充電することをお勧めします。ニッケル・カドミウム蓄電池やニッケル・水素蓄電池など違いメモリー効果が生じません。

  • > リチウムイオン充電池に何か特別な注意事項はありますか?

    あります。オーティコンの充電式補聴器はリチウムイオン充電池の取り外しをサポートしていません。補聴器のリチウムイオン充電池の交換は、購入した販売店にご相談ください。
    リチウムイオン充電池やリチウムイオン充電池を内蔵した補聴器を誤って飲み込んだり、耳や鼻に入れたりした場合は、すぐに医療機関で処置を受けてください。

     

    その他に補聴器の取扱説明書にある安全性と取扱いに関する注意事項は必ずお読みください。

  • > 充電式補聴器を装用しての飛行は安全ですか?

    安全です。充電式補聴器を装用して飛行機に搭乗することができ、充電器を機内に持ち込むこともできます。詳しい取扱いについては、ご利用の航空会社にご確認ください。

  • > 補聴器を機内モードにするにはどうしたらよいですか?

    機内モードのオン/オフを切り替えるには、プッシュボタンを7秒間押し続けてください。片方の補聴器で機内モードの操作をすればもう片方の機内モードも切り替わります。

    機内モードがオンになっている時、補聴器は正常に動作しますが、Bluetooth通信はオフになります。

     

    動画: 機内モードのオン/オフの仕方を詳しく

  • > 補聴器を長時間使用する予定がありません。その際にはどうしたらよいですか?

    14日以上の長期間で補聴器を使用しない場合は、必ずフル充電してください。その上で補聴器の電源をオフにしてください。

     

    充電池保護のため、6カ月毎に充電してください。6カ月以内に充電しなかった場合は、充電池の交換が必要です。電池交換はメーカーにより行いますので、購入した販売店にご相談ください。

  • > 補聴器の電池が切れた時、再度電源をオンにして引き続き使用することができますか?

    いいえ、補聴器の電池がなくなったら、充電器にセットして再充電してから使用してください。